新着一覧はこちら

特定秘密保護法・安保関連の次は共謀罪!
国民だけしばり、権力者の横暴は野放し!

政治家は、国民の代表であり支配者では無いはず!

警笛に耳を傾けず、悪法を強行採決するような 独裁者をつくるのは私たちの無関心でもあります。

     ↑↑↑
 ※ 上の画像をクリックしてください。画像が拡大します。


■戦前のやりかたと同じ!すべての市民が対象!■

 ◇危険:その1
「共謀罪」は過去3度も国会提出され廃案になっている。共謀罪がなくても対応ができる「テロ対策」を利用して権力者に都合のいい法律を作ろうとしている。

 ◇危険:その2
「共謀しているかどうか」の把握を名目にして、室内の盗聴・メールの確認・潜入捜査など、国家による国民の監視・盗聴法の拡大へと進んでいく危険性がとても高い。

 ◇危険:その3 「共謀罪」は市民運動や労働組合企業団体などで人々が改善を求める声を抑え込むために、政治家たちが恣意的に運用してくる危険性が高い。

 ◇危険:その4
 安倍政権は、歴史に学ばず戦前の「治安維持法」と同じ過ちを犯そうとしている。近代刑法の原則を破壊する行為。戦前の治安維持法では「協議罪」が乱用され多くの市民が逮捕・拘留された。


 

沖縄問題 

生コン政策関連

がんばる シングルマザー &ファザー 応援!!

家族クラブ あさがお

青年女性部 (生コン支部の部会)

ここで解決 ホットライン 女性相談員がいます 相談無料 秘密厳守

文化部通信   (生コン支部の部会)

連帯ユニオン提供 遊・わーく・ウィークリー

radikoで聴く

赤信号 労働問題 Q&A 知って得する職場のトラブル解決法